待合室へ



アトピー性皮膚炎

子供でも大人でも、アトピー性皮膚炎に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。アトピー性皮膚炎は年齢に関係なく、幅広い年齢層で発症する病気です。辛い痒みだけではなく、見た目の問題もあり、人目を避けている人もいるほどです。

どんな病気?

アトピー性皮膚炎は、悪くなったり良くなったりを繰り返して、慢性的になっている痒みのある湿疹です。アトピー体質は、気管支喘息やアレルギー性鼻炎、結膜炎やアトピー性皮膚炎にかかりやすい体質を持っている人のことを言います。家族にアトピー性皮膚炎の人がいたり、ハウスダストやダニ、特定の食べ物に対してアレルギー反応を起こしやすい体質のことです。

こうしたアトピー体質に加えて、乾燥肌や肌への刺激、環境因子などが絡みあい、病変を作っていると考えられています。皮膚が乾燥し、それがベースとなって様々な刺激が加わり、慢性的な湿疹が見られるものです。

痒みがとても強いのですが、小児期に発症したものは、成人になると軽くなるものが多い反面、成人になってからアトピー性皮膚炎を再発させたり、初めて発症する場合もあります。

主な症状

痒みを伴う湿疹が慢性的に経過して、左右対称に湿疹が出ます。湿疹のできやすい場所は、年齢によって変わります。
顔面や頭部に湿疹ができやすいのは乳児に多く、乳児に多い脂漏性湿疹と見分けがつかない場合もあります。
成長と共に、肘やひざなどの関節などに湿疹ができるようになり、幼児期になると、痒さから掻き傷と伴って、皮膚の乾燥が目立ってきます。冬は空気も乾燥しているので、症状が悪化する傾向があります。

検査と診断

アトピー体質のアレルギー検査として、いくつか検査があります。

血液検査では、白血球の数を検査する他に、血液の中に作られる抗体の1つで、アレルギー反応に関与しているIgE抗体を測定します。RAST法という検査では、IgEがどのようなものに対して作られているのかも調べます。多くはハウスダストやダニ、卵白や牛乳などに陽性を示すようです。

皮膚の検査ではパッチテストが行われます。生活環境中の物質で原因になっていると思われるものを背中に貼り、判定は2~3日後の反応から判断します。

治療法

治療の基本になるものは、乾燥肌へのスキンケアと、ダニやハウスダストなどに対する環境の整備、湿疹に対する薬での薬物療法になります。

アトピー性皮膚炎の状態を悪くする要因では、生活環境に原因がある場合が多いので、ハウスダストやダニ対策をすると共に、痒みを伴う湿疹に対しては、ステロイドの塗り薬や免疫抑制剤、抗ヒスタミン薬などの内服などを使います。皮膚が乾燥しないよう、入浴後には皮膚の保湿を心がけ、長湯をすると皮膚も乾燥するので注意が必要です。症状が悪いときだけ治療をするのではなく、皮膚を乾燥させないようにし、日頃から皮膚の状態をコントロールしていかなければいけません。皮膚がカサカサしているということは、それだけ皮膚がコートとしての役割をしていないということなのです。

アトピー性皮膚炎の注意点

アトピー性皮膚炎には合併症があります。アトピー性皮膚炎の10%に白内障の合併症が見られます。中学生以上のひどいアトピー性皮膚炎患者の5人に1人は、白内障を起こすと言われています。

アトピー性皮膚炎の治療薬として使われる、副腎皮質ホルモンの外用薬ですが、副作用として白内障が挙げられます。ですから眼の周りに、副腎皮質ホルモン外用薬を塗って使わないようにしなければいけません。


ページの先頭へ