待合室へ



皮膚科

皮膚の病気は内臓などと違い、見えるものですので気になる人も多いでしょう。反対に考えると、見える場所なので、何か病気を発症すると、見つけやすいとも言えます。皮膚科では、あらゆる皮膚疾患に対し、外用薬や内服薬などの薬物療法のほかに、外科的治療として手術も行います。皮膚科で行う診察の代表的な疾患は数多く挙げられます。その中から代表的なものをピックアップして紹介していますので、下の表のリンクからご覧ください。疾患の種類はページ下部に記載します。

主な症状と病気

  発疹 ただれ 痒み かぶれ ジュクジュク 痛み 水泡 その他
脂漏性皮膚炎
(脂漏性湿疹)
       
おむつかぶれ      
アトピー性皮膚炎        
じんましん            
湿疹            
たこ・うおのめ              
あざ(母斑)               色素沈着
いぼ              
帯状疱疹            
わきが               無症状
多汗症               肥満
脱毛症
(円形脱毛症)
              ストレス
とびひ              
水虫      
やけど            
しもやけ            
ハンセン病             知覚低下
皮膚がん             しこり

皮膚科の特徴

皮膚科では、皮膚に関することであればほとんど診察をしてくれます。皮膚に原因があって起きる病気や、内臓の疾患が原因で皮膚に病変が現れるものなど、数多くの病気を診察してくれます。また、治療法も外用薬と内服薬の他に、ケミカルピーリングやレーザーを使った療法も行い、場合によっては手術も行います。診察してくれる内容は、湿疹やじんましんなどの一般的なものの他に、やけどや動物に噛まれたときの外傷、紅斑や紫斑、血管炎、角化異常や膿疱症、皮膚の形成異常、肉芽腫性の疾患、膠原病、感染症、腫瘍、脂腺や汗腺の異常、毛髪疾患、爪の疾患など、多岐に渡って診察をします。


皮膚腫瘍や難治性の病気の場合、入院治療も行っています。皮膚の病気は年齢男女に関係なく起こるものです。皮膚に関わる病気だけで500種類以上の病気が確認されています。湿疹やかぶれ、やけどなどといった一般的な皮膚の病気だけではなく、全身疾患の症状の中に皮膚の症状も現れている場合、皮膚科も受診するようにしましょう。軽い症状のものだと市販薬を使ってしまいがちですが、中々治りにくいのが現状ですので、皮膚科できちんと診察を受けて治療した方が、治りも早くなることを覚えておきましょう。もしかしたら人にうつしてしまうものかもしれません。その判断は皮膚科医でなければ分かりません。

皮膚の役割

身体の表面を覆っている皮膚は、私たちの生命を守る大切な役割をしています。体内へ細菌が侵入するのを防ぎ、外部からの衝撃から身体を守る働きもしています。
また、体温を保つために暑いときには汗をかいて体温の上昇を防ぎ、寒いときには鳥肌をたてて毛穴をとじて血管を収縮させ、体温が逃げないようにします。
こうした皮膚の働きによって、人間は体温を一定に保つことができています。更に、皮膚で痛みや暑さ、寒さなどの刺激を感じることにより、脳や脊髄に信号を送る役割もしています。


ページの先頭へ