待合室へ



色覚異常

色覚異常は古い呼び方で『色盲』と言います。色盲と言った方が分かる人も多いでしょう。色を見分けることができなくなる病気として知られていますが、遺伝子の変異によって起こる色覚異常には、治療法がないのが現状です。

どんな病気?

網膜は眼の中で光を感受し、3種類の短波長、中波長、長波長の光を吸収する視物質を持っている垂体細胞があります。外から入ってくる光の情報は、これら3つの垂体の相対的な活動性の違いとして感じ取り、大脳の第一次視覚野に小型の網膜神経節細胞を介して伝えられ、最終的には色を視覚中枢で感じます。これが色覚です。3つの垂体の3原色を組み合わせて色を表現しますが、色覚異常の場合、これらがうまくいかなくなります。

多くの場合は先天的に発生しますが、中には加齢や病気などで後天的に発生する場合もあります。色覚異常のほとんどは赤緑色覚異常になります。

全色盲

垂体細胞の赤、緑、青のどれか1つしかないか、全く垂体細胞がない場合に全色盲となります。発症例は少ないのですが、赤垂体、緑垂体のみをもつ場合、色の識別はできませんが視力に問題はありません。1つも垂体細胞がない場合、全く色の判別ができなくなり、弱視などの症状も現れるでしょう。明るすぎる場所では視力が低下してしまいますので、サングラスなどで対処します。

赤緑色覚異常

色覚異常の中で一番多いのがこの赤緑色覚異常です。赤と緑の区別がしにくいタイプで、日本では男性の20人に1人、女性では500人に1人がこの赤緑色覚異常と言われていて、赤い色は、ほぼ黒に見えてしまいます。

青黄色覚異常

3つの垂体神経のうち、青垂体系の異常によって発生する色覚異常です。先天的な青黄色覚異常は稀で、正常な人でも補助的にしか使っていないものですので、生活上不便を感じることはほとんどなく、検査などで発見されないかぎり、周囲だけではなく、本人も色覚異常と気づかない場合もあります。

主な症状

正常な人との色に対する感覚に違いがあります。赤や緑の区別がつきにくくなりますが、視野や視力に問題があるわけではありませんので、生活を送るには問題はないでしょう。

検査と診断

検査はいくつか方法があり、様々な検査を行って綜合的に判断されます。

仮性同色表

色相、明度、彩度で色の感じ方を表現します。色相は色の波長、明度は色の明暗、彩度は色の濃度を表しています。色相を調べるために、対角上に判別しやすい組み合わせを置いた色相環を使います。色覚異常がある場合、色相環がある方向に圧縮されて見え、判別が困難になります。赤緑色覚異常では赤と緑が、青黄色覚異常では、青と黄色が混同軸になります。混同軸上の混同色を利用して行う検査が仮性同色表になります。

この検査は、混同軸の発見がしやすい反面、程度や分類の判定にはあまり適していません。

色相配列試験

色相順に色相環を並べさせるのがこの試験です。軽度の異常は見逃してしまうため、スクーリングには使われませんが、混同軸方向での誤答頻度として色相環の歪みの程度で判定できるため、程度の判定として行われる検査です。色相環を15の環で完成させるパネルD15が最も広く行われています。

色合わせ試験

これまでの検査で程度と混同軸の存在が分かると、どの程度遺伝子の変異が起こっているのか、最終的に決める段階に入ります。どの色とどの色が同じと感じるかという試験で、色覚異常の確定診断になります。

ランタンテスト

ランタンテストは、交通関係者の信号灯の色の識別能職に関係する、職業適性判定検査です。ランタン型をしている色覚検査器を使い、色光を色名で答えて行く検査です。


ページの先頭へ