待合室へ



さかさまつげ

さかさまつげは、本来まつげが向くべき方向に向かって生えず、違う方向に向かって生えてしまうもので、角膜をまつげで傷つけて、様々な目の病気になってしまうものです。ある程度の年齢であれば、まつげパーマでまつげの方向を整えて、解消することも可能です。

どんな病気?

さかさまつげは、目瞼内反、睫毛内反、睫毛乱生と呼ばれるもので、まぶたそのものが内側にまくれこんでいるものを目瞼内反、まつげの毛根の生え方がいびつで角膜側を向いているのが睫毛乱生になります。先天性のもので、まぶたの内反の程度が軽く、皮下脂肪などが過剰なためにまつげの生える方向が内向きになってしまう場合は、睫毛内反になります。


加齢・先天性

眼瞼内反の多くは、先天性のものと、加齢によるものがあります。どちらの場合も、まぶたに過剰に脂肪がついていたり、皮下の筋力低下などが原因になっています。先天性の場合、睫毛内反が多く、内反の程度が軽く、皮下脂肪や皮膚が過剰なために、まつげが内向きになってしまいます。

まぶたの炎症

瘢痕性と言って、炎症などが原因となって、まぶたが変形して起こるものがあります。また、まぶたが痙攣して起こるものもあります。どちらにしても、まつげ全体が角膜に向くことになるので、角膜に多くのまつげが当たることになります。

毛根部の炎症

眼瞼縁炎などの、まつげの毛根部分が炎症を起こして睫毛乱生を起こすことが多く、角膜に当たってしまうまつげの本数も、1本から多数まで、様々なケースがあります。

主な症状

小さな子供の場合は、異常にまばたきの回数が多くなる瞬目過剰や、異常なくらい光をまぶしがる羞明の他、結膜の充血や目やに、涙が出るなどの症状を起こします。自分で症状を訴えられるようになる幼児以上から成人の場合は、こうした症状のほかに、目がゴロゴロするなどの異物感や、痛みなどの症状を訴えます。

検査と診断

まぶたの形や角膜にまつげが接触しているかどうか、角膜の傷の程度を眼科で診断できます。常に角膜にまつげが触れている場合だけではなく、眼球運動や、まばたきの強弱によっても、角膜にまつげが接触してしまう場合もあります。

治療法

先天性の眼瞼内反や睫毛内反の場合、成長に従って。1歳前後になる頃にはまぶたの脂肪もとれ、顔がひきしまってくることによって、自然に治ってしまうことも多く、それまでは様子をみながら抗生剤の点眼薬などを使います。2歳を過ぎても自然に治らない場合でも、成長に従って治ることも期待できますが、症状によっては手術を考慮します。

眼瞼内反で加齢性の場合では、角膜に当たっているまつげを抜くことで症状は一時的に改善しますが、再びまつげが生えてくると、同じことの繰り返しになります。まつげを抜くときの苦痛も軽いわけではありませんので、生えるたびに何度も抜くよりも、手術する方が効果的と言えるでしょう。

睫毛乱生の場合も、まつげを抜いて一時的に症状の改善が望めますが、やはり再びまつげが生えてくることで同じことの繰り返しになります。抜くことを繰り返せば、それまでよりも太いまつげが生えてきて、角膜に刺さって痛い思いをしたり、炎症を起こす場合もあります。

根本的な治療は、やはり手術になります。まつげの毛根を電気の針で焼く睫毛電気分解や、冷凍凝固などがありますが、稀に、簡単に治らないさかさまつげもあります。

埋没法と切除法

埋没法は、プチ整形で二重にするのと同じ技術で、皮膚表面に瞼の内側から糸を通して結び、まぶたを引っ張ることでまつげが外に向くようにする方法です。

切除法も美容整形の二重手術と同じ技術で、まぶたの皮膚を一部だけ切除して縫い合わせることにより、まぶたを引っ張ってまつげを外に向ける手術です。


ページの先頭へ