待合室へ



緑内障

緑内障は、眼の病気の中でも比較的多く耳にしますが、いくつかの種類に分けることができます。ここでは大きく3つに分けた緑内障について取り上げていきたいと思います。それぞれどんな病気なのか、比べてみてください。

どんな病気?

3つの緑内障について取り上げていきます。どんな病気なのか、原因は何なのか、それぞれ説明していきましょう。

開放隅角緑内障

慢性緑内障の典型的なタイプで、眼圧が、眼球内での房水の流れが悪いために上昇するタイプの緑内障です。視神経が慢性的に圧迫されて、少しずつ進行する特徴があります。

開放隅角緑内障と同じタイプで眼圧が正常範囲の正常眼圧緑内障があります。これは眼底検査でなければ分からず、眼圧検査を行っても診断できません。現在最も多いタイプの緑内障になります。

原因としては、通常、房内流出口の隅角はあいているものですが、繊維柱帯という排水部分が目詰まりし、房水がスムーズに流れなくなって眼圧が上がると言われています。その原因は、コラーゲンやたんぱく質の異常な蓄積、繊維柱帯を構成する細胞の減少と言われています。正常眼圧緑内障の場合は、眼循環に障害があったり、視神経乳頭が、耐えられる眼圧が元々低いなどと言われていますが、専門家の中でも意見が分かれています。

先天緑内障

胎生期に、隅角の発達異常によって、生まれつき繊維柱帯の機能が低下していて、房水を排出する機能が悪くなっています。そのため、著しい高眼圧となります。子供の場合は組織が柔らかいので、眼圧が上がることで眼球や角膜が大きくなり、牛眼とも呼ばれています。

先天異常がない場合は、原発先天緑内障と言い、先天異常が眼球にある場合や、母斑症、代謝異常などがある場合、続発先天緑内障と言います。合併として、角膜や虹彩異常の他に、歯や顔面、皮膚などにも異常のある場合が多く、遺伝性のケースが多いのが特徴です。

続発緑内障

眼の外傷や、糖尿病、ぶどう膜炎、ステロイド薬などの薬物で眼圧があがることがあり、これを続発緑内障と言います。大きく2つに分けられ、開放隅角型と、閉塞隅角型になります。

開放隅角型は、糖尿病に伴うもの、白内障、ぶどう脳炎、外傷性のものになります。閉塞隅角型では、水晶体の亜脱臼やぶどう脳炎で隅角が閉塞した場合、網膜剥離の手術、眼球内の悪性腫瘍などがあります。

主な症状

それぞれどんな症状が出るのでしょうか。タイプが違うと症状も違います。

開放隅角緑内障

多くの場合は、かなり進行するまで症状はありません。しいて言えば、眼が重く疲れやすかったり、肩がこるなどの症状が出ることもあります。中期から末期になると、視野欠損を自覚しますが、検診で見るかることの多い緑内障です。

先天緑内障

乳児の場合、光を避けようとしたり、涙が多かったり、まぶたの痙攣で気づくことがあります。3歳以下では角膜の眼圧が上がることで大きくなり、3歳を超えると角膜が眼圧に耐えられるようになるので、視力低下で分かる場合があります。

続発緑内障

眼圧が上昇し、強い充血が出ます。

検査と診断

検査は、緑内障のタイプによって違います。それぞれの検査方法を紹介しましょう。

開放隅角緑内障

開放隅角緑内障の場合、眼圧が22mmHgを超えていること、緑内障性の視神経乳頭の障害があること、視野の検査で視野欠損があること、隅角検査で開放隅角であること、原因となるとなるような他の疾患がないことが診断基準になっています。正常眼圧緑内障の場合では、脳腫瘍や脳梗塞がないかを調べることも重要です。

先天緑内障

検査は乳幼児ですので催眠が必要で、眼圧検査の他に、隅角検査、視神経乳頭陥凹、角膜径を調べて診断されます。

続発緑内障

眼圧検査の他に、視力や視野の検査、眼底検査も行います。炎症や充血も判断し、原因となっている元の疾患や合併症についての検査も必要になります。

治療法

これまで同様、緑内障の種類が違うと治療法も異なります。

開放隅角緑内障

薬物を使い、眼圧を下げることが選択されます。点眼治療で効果が出ない場合、内服薬やレーザー治療、手術と言うように、進行の度合いによって選択されます。

先天緑内障

原則として手術療法になります。全身麻酔下で、房水流出を改善するために、流れが悪くなっている隅角を切り開く手術が行われます。予後のガンあるは、8割が正常にコントロールできますが、新生児期や2歳以降の発症では予後が悪いケースもあります。

続発緑内障

ステロイド薬が原因となっている場合は、薬をやめることで眼圧が下がることがあります。ぶどう脳炎の場合、ステロイド治療での消炎を行い、水晶体が原因では白内障の手術、血管新生緑内障では網膜への手術やレーザー治療が行われ、これらの治療を行っても眼圧が高いままの場合、降圧のために緑内障手術を行うことになります。


ページの先頭へ