待合室へ



涙嚢炎

悲しくもないし、目に痛みも何も感じないのに涙が出てきて仕方がない。おまけに目やにまで出てくるようなら、涙嚢炎という病気かもしれません。常に涙が出るようであれば、きちんと専門医の診察を受けて治療をしなければいけません。

どんな病気?

涙嚢炎は、痛みも何もないのに涙が出て、常に目やにが出ます。稀に痛みもあり、まぶたや頬、鼻にかけて痛み、赤く腫れてしまうこともあります。 赤ちゃんが涙や目やにを出しているときは、鼻涙管が生まれつき閉塞している場合があります。成人の場合は、トラコーマや慢性の炎症によるものが多いです。

主な症状

涙は眼を潤すために、常に少量ずつ分泌されています。涙は病気から眼を保護する役割も持っています。涙は目頭の近くにあるまぶたのフチの小さな孔から吸い込まれ、上涙点、下涙点が合流する総涙小管という細い管を通過して、眼球の内側の袋の涙嚢というところに達し、鼻涙管を通って鼻腔に流れて行きます。


鼻涙管閉塞

上記に挙げた経路が詰まると、常に涙が流れるようになります。その多くは鼻涙管閉塞です。先天性の場合は鼻涙管の形成異常で、生まれた直後から常に涙が流れて目やにも出ています。後天性のものは、鼻炎や蓄膿症、ポリープが原因になって鼻涙管が詰まる場合と、結膜炎などの炎症が広がったことが原因で鼻涙管が詰まる場合とがあります。

慢性涙嚢炎

鼻涙管が詰まっていると、涙が涙嚢にたまりますが、ここに細菌感染があると、常に膿のような目やにが出るようになります。涙嚢部分の皮膚が赤くなったりしますが、腫れや痛みはありません。このようなものを慢性涙嚢炎と言います。

急性涙嚢炎

涙嚢部の細菌感染によって、赤く腫れて痛みもあり、大量に目やにが出て涙嚢に大量の膿が溜まってしまう状態を急性涙嚢炎と言います。熱が出ることもあります。急性涙嚢炎は、炎症が涙嚢だけではなく、周りの組織にも広がってしまう状態で、程度で表せば重症です。稀に、脳髄膜炎を起こすこともあり、注意が必要です。

検査と診断

涙嚢炎かどうかを調べるには、生理食塩水を細い針で涙点から注入して、鼻や喉の奥に生理食塩水が流れてくるかどうか調べます。これを涙道洗浄や涙洗と呼びます。詰まって閉塞していると、生理食塩水が逆流してくるので分かります。膿が涙嚢にたまっていると、膿が逆流して洗い流されます。

治療法

治療の方法は、それぞれのタイプで方法が異なります。いずれにしても、常に涙が流れていたり目やにが出るようであれば、早急に眼科で診察してもらいましょう。

先天性鼻涙管閉塞

涙点から細い針金を鼻涙管に差し込んで、詰まっている部分を突き破る鼻涙管開放術という方法がとられます。こうした方法をとらなくても、涙嚢部分をマッサージすることで、つまりが解消されることもあります。

後天性鼻涙管閉塞

涙嚢に膿が溜まっていなければ、詰まっている部分を細い針金で突き破って開放します。この処置ではほとんどの場合が再び詰まってしまうために、細くて柔らかいシリコン性のチューブを上・下涙点から鼻涙管に入れ、1ヶ月ほどそのまま鼻涙管内腔で留置する方法がとられる場合もあり、効果的でもあります。

慢性涙嚢炎

目やにのみで涙が流れない場合、涙嚢摘出術を行うことで目やには治まります。

急性涙嚢炎

感染を起こしている原因になっている菌を特定し、大量に抗生剤を投与して炎症を抑え、鼻涙管が詰まっていれば、上記に挙げた方法で治療を行います。新生児涙嚢炎の場合も同様の治療方法を行います。


ページの先頭へ