待合室へ



ものもらい

ものもらいは、麦粒腫の一般的な呼び方で、めばちことも呼ばれる目の病気です。ものもらいの人と同じタオルなどを使うとうつりますが、人からうつるから『ものもらい』なのではなく、昔、民間療法として、”他の家から食べ物をもらうと治る”と言われていたことから、こう呼ばれるようになりました。麦粒腫と言うよりも、ものもらいと言う呼び方の方が知られています。

どんな病気?

黄色ブドウ球菌や、表皮ブドウ球菌などの細菌感染が原因で、まぶたにある脂腺や汗腺が炎症を起こす、
急性化膿性炎症です。


まつ毛の毛根や汗を出す腺に感染した場合は、
『外麦粒腫』と言い、まぶたの深部にある脂腺のマイボーム腺に感染したものを『内麦粒腫』と呼びます。


主な症状

ものもらいの初期には赤味が目立たない場合もありますが、多くの場合はまぶたの一部が腫れて、痛みを伴います。赤味がなくても、指でまぶたを押さえると痛い部分があります。気にして触っていると広がってしまい、まぶた全体が腫れてしまい、目やにが出るようになります。炎症がもっと広がると、白目も充血して赤くなります。耳の前にあるリンパ節や顔半分が腫れたり、頭痛が起こる場合もあります。

膿が現れるとやがて破けますが、破けるとそのほとんどは自然に治ります。ですが、膿が残っている場合は治るまで長くかかり、稀に炎症が広がってしまい、膿がまぶた全体や眼球周辺に広がる眼瞼膿瘍や眼窩蜂巣織炎などになり、重症化してしまうこともあります。

外麦粒腫

まぶたに赤味と痛みが出ると、数日で皮膚の下に膿が現れます。そのままにしておくと皮膚が破れ、外に膿が出てきます。これを外麦粒腫と言います。

内麦粒腫

まぶたの裏に膿がたまり、まぶたの裏側で膿が破れるものを内麦粒腫と言います。外麦粒腫よりも、内麦粒腫の方が、痛みが強い傾向になります。

検査と診断

痛みだけがあり、赤味が目立たない場合は診断に困る場合もありますが、急性の症状である赤味や痛みの存在、膿点の存在から、見た目だけの診察で診断が容易にできます。

治療法

目を清潔にすることが何よりも大切です。膿が出てしまえば治りますが、無理に膿を搾り出そうとしたり、気になるからと言って強くこすると炎症が広がりますので意識して触らないようにしましょう。


ブドウ球菌が原因になっていることが多いので、抗菌効果のある点眼薬を使います。これだけで治ることがありますが、ひどく腫れている場合は、内服薬として、抗生剤や消炎薬を使うと、数日で症状が治まります。膿点がある場合、多少痛みを伴いますが、麻酔液を点眼して膿を針で突いて出します。必ず医師に行ってもらい、素人判断で自分で針を刺して出すようなことは絶対にしないようにしましょう。眼科を受診するまでは清潔にしてあまり触らないようにし、できるだけ患部を冷やすようにしましょう。

霰粒腫

ものもらい同様、まぶたの病気で、まぶたの中に硬めのコロコロした小豆大のしこりができる病気です。ものもらいと違うところは、赤味や痛みがないところです。

マイボーム腺が詰まり、分泌物が固まることでその周囲に炎症が起こるもので、しこりは徐々に大きくなります。

霰粒腫の治療

霰粒腫の治療には、点眼薬は効きません。小さな霰粒種の場合、放置していても自然に治ってしまう場合もありますが、多くは内容物が皮膚面やまぶたの裏に流れ出して、ゴロゴロしたりします。

まぶたの裏側を小さく切開し、内容物をかき出す方法が有効ですが、稀に細菌感染して炎症を起こす場合もあり、こうした場合は抗菌薬などの点眼剤が必要になります。再発を繰り返す場合は皮膚を切開し、全摘出をします。

高齢者で何度も再発する場合は、まぶたのがんであることもありますので、注意が必要です。


ページの先頭へ