待合室へ



結膜炎

眼の病気として知られているものの中で、結膜炎は一般的な眼の病気かもしれません。白目が充血し、目やにが出てくる病気で、多くの原因によって急性結膜炎を起こします。感染性とアレルギー性のものがあり、感染性のものは、ウイルス性と細菌性に分けることができます。

どんな病気?

急性結膜炎の原因となる、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎について、
どんな病気なのかそれぞれ紹介していきましょう。


細菌性結膜炎の場合

細菌性結膜炎を起こす細菌は、インフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、淋菌があり、細菌性結膜炎でよくみられるものはインフルエンザ菌によるもので、乳幼児や学童期に多くみられます。季節は冬に多く、風邪をひいたときになりやすいと言われています。

肺炎球菌の場合、上記のものとは違って、かかりやすい年齢は少し高い傾向になります。黄色ブドウ球菌が原因になる結膜炎では、慢性細菌性結膜炎として高齢者がかかる代表的なものとなります。淋菌性結膜炎はSTDの1つになります。

ウイルス性結膜炎の場合

ウイルス性結膜炎は、とても感染力が強いので、『流行り目』とも呼ばれています。急性出血結膜炎、流行性角結膜炎、咽頭結膜熱があり、いずれもウイルスで、学校伝染病になっています。

アレルギー性結膜炎の場合

アレルギー性鼻炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎にかかったことのある人や、家族歴のある人などに多くみられる結膜炎です。杉やブタクサの花粉、ハウスダストやダニなどが原因になります。

主な症状

細菌性結膜炎の場合

原因となっている菌によって、様々な症状があります。
結膜が充血し、粘液膿性の目やにが出るのは、インフルエンザ菌や肺炎球菌が原因の結膜炎です。肺炎球菌の場合、稀に小点状の出血斑や、軽い結膜のむくみも現れます。


黄色ブドウ球菌は、眼瞼結膜炎として慢性的に成人に見られ、角膜にも異常がある場合もあります。

ウイルス性結膜炎の場合

ウイルスによる3つの結膜炎、それぞれの症状です。

急性出血性結膜炎

潜伏期間は1日で、周囲の誰かが急性出血性結膜炎にかかると次々と広がっていきます。最初は目がゴロゴロする程度ですが、白目を覆っている眼球結膜が出血するために、血がところどころについたように真っ赤になります。目やにも大量で、眼瞼結膜にリンパ球が集まり、隆起します。耳の前のリンパ節が腫れるのも特徴です。

流行性角結膜炎

潜伏期間は5~7日で、片方の目に症状が現れた後、数日を経て、もう片方の目にも症状が現れます。白目が真っ赤になるほどの充血があり、拭き取ってもきりがないくらいの大量の目やにが出ます。まぶたや耳の前のリンパ節が腫れ、押すと痛みを感じます。症状が最も重いのは2~3日目で、それから徐々に軽くなっていきます。感染して2週間以内は周囲にうつす可能性もあり、2週間を経過すると症状もよくなりますが、黒めに濁りが出て目がかすむ場合もあります。この場合も1~2週間で快方に進みます。

咽頭結膜熱

プール熱とも呼ばれるもので、重い結膜炎症状の他に、喉の腫れや38~39度の高い熱が出ます。咽頭結膜熱がプールで流行したために、プール熱とも呼ばれます。

アレルギー性結膜炎の場合

目の痒みが強く、糸を引くような白っぽい目やにが出ます。涙っぽくなり、白目を覆っている眼球結膜が腫れることもあります。まぶたの裏には小さな隆起ができ、目も充血します。稀に、黒目部分にびらんができて、痛みで目を開けられないこともあります。

検査と診断

症状からほぼ診断できますが、目やにを培養して、原因となっている菌と、薬剤の感受性試験を行うことが基本となっています。

治療法

細菌性結膜炎の場合

それぞれの病原菌に効果のある抗生物質や、抗菌薬の点眼剤が使われます。点眼剤を使うことで充血は3~4日で減って、目やにがなくなります。

ウイルス性結膜炎の場合

ウイルス性の結膜炎には特効薬がないために、対症療法になります。充血をおさえるために、血管収縮剤や消炎剤の点眼薬を使います。炎症が強い場合は身体の抵抗力も落ちますので、細菌に感染しないために抗菌タイプの点眼薬も併せて使用します。体には1週間~10日で抗体が出来るので、抗体ができると快方に向います。

アレルギー性結膜炎の場合

目のかゆみには、抗アレルギー点眼薬を使います。痛みやびらんにはステロイドの点眼薬が使われますが、眼圧が上がり、放置すると緑内障を起こすという副作用もありますので、定期的に通院することが必要になります。


ページの先頭へ