待合室へ



眼瞼下垂

眼瞼下垂は、一見して分かるものですが、名前は聞き慣れないものかもしれません。まぶたの筋肉や神経に異常が出る病気です。手術で見違えるようになれますので、一度専門医に診てもらうことをお勧めします。

どんな病気?

眼瞼下垂は、目が十分に開きにくい状態の目のことを言います。上まぶたが垂れ下がり、十分に目を開くことができません。
まぶたを上げる筋肉を眼瞼挙筋と言い、その筋肉を動かしている神経を動眼神経と言います。この、眼瞼挙筋や動眼神経に異常が起こり、眼瞼下垂になります。
これ以外で起こる眼瞼下垂では、まぶたの皮膚がたるんでしまったり、先天性小眼球などの病的なもので眼球が小さい場合、失明した眼球が小さくなってしまった状態などで起こります。

主な症状

眼瞼下垂の症状は、原因によって様々です。代表的なものを挙げてみましょう。

先天性

多くは先天性のもので、眼瞼挙筋の形成不全で眼瞼下垂になります。遺伝することもあり、片目だけのことが多いですが、両目の場合もあります。

後天性

後天性のものだと、加齢によって徐々にまぶたがたるんで眼瞼下垂になります。よく、年をとってまぶたが下がっていたと言う人がいますが、眼瞼挙筋の筋力低下によって目が開きにくくなるものです。ある程度まぶたが下がっていると、何かを見ようとするときに、顎をあげてみるようになり、よく見えるようにするためにまぶたを上げようとして、額にシワが寄ったり、眉毛が上がったりします。

病気が原因のもの

先天性のものや加齢によるものが原因となっている他に、病気が原因で眼瞼下垂になる場合もあります。成人の人が疲れることによって眼瞼下垂が起こる場合、重症筋無力症の疑いがあります。また、眼科の手術を行った後に起こるものや、脳梗塞を患った後に起こるもの、脳に動脈瘤ができ、神経が圧迫されて起こるものなどもあります。

病気とは別に、コンタクトレンズを長年装用している人にも、眼瞼下垂が起こることもあります。

眼瞼下垂と同時に眼球を動かす筋肉や神経に、同時に異常が起こると、物が二重に言える複視を発症することもあります。

検査と診断

多くの原因が眼瞼下垂にはあるとお分かりいただけたかと思いますが、先天性の場合でも、複雑な神経の異常によって引き起こされる場合もあります。
後天性の場合は、きっかけは何であったか、物が二重に見えるか、疲れと関係があるかなどが診断する際の目安になります。
疲れと関係があり、重症筋無力症の疑いがある場合には、検査に特別な薬物を使用することになります。

治療法

一番多く見られる先天性眼瞼下垂の場合、治療は手術が主体となります。程度の重いものでは視力の発達にも影響が出ますので、早期に手術をすることが望ましい場合もあります。子供の場合、全く開かない場合を除き、3歳くらいで手術を行います。その他は、症状の程度によって、手術するかしないかを決めます。眼科の手術や脳梗塞の後に起きた眼瞼下垂の場合、自然に治る場合もありますので、数ヶ月間様子を見てから手術を行うかどうか決められます。疲れを伴う重症筋魅力症の場合は手術ではなく、薬物療法が行われます。

手術方法

まぶたに局所麻酔を行い、皮膚を切開して眼瞼挙筋を露出させます。付着部分を短縮させて縫い合わせ、皮膚切開した部分を縫合して終了になります。時間にして30分ほどで終了する手術で、その日のうち帰宅することも可能ですが、術後のまぶたの腫れが強いため、抜糸までの1週間程度、入院する人も多いです。


ページの先頭へ