待合室へ



弱視

以前は全盲に対して『半盲』と呼ばれていた弱視ですが、病気と言うよりも、眼の障害の1つです。視力が著しく弱く、日常生活でも不自由になりますが、同じ弱視でも色々タイプがありますので、それぞれ取り上げていきましょう。

どんな病気?

弱視は、8歳くらいまでの視覚の感受性期の間に、網膜にハッキリとした像が結ばないことで視覚中枢の発達が妨げられて、視力が出にくくなっている状態のことを言います。

自分の子供の視力が0.1以下なので、弱視ではないかと心配する人もいるようですが、弱視はメガネで矯正しても0.3以下だったりしますので、矯正してある程度の視力が出ていれば、裸眼で0.1以下であっても弱視とは言いません。矯正視力が1.0以上ある場合、細かいものを見る能力は完成されていますので、心配することはないでしょう。

斜視弱視

斜視のために眼が正面を向いていない場合、最も網膜で感度の高い黄斑部で像を結ばなくなるために、視機能の発達が妨げられて弱視になります。どうしても正面を向いている眼の方でものを見るようになっているため、斜視になっている眼を使わなくなり、弱視になるのです。

形態覚遮断弱視

先天性白内障や眼瞼下垂、まぶたに腫瘍がある場合や長期間眼帯をしているために視覚入力が妨げられて起きる弱視です。新生児の場合、これらの要因があると、数日間で弱視化してしまうので、注意が必要です。

屈折性弱視

強い乱視や遠視が原因になって起こる弱視です。近くを見ることに視力は発達するために、近くにピントの合わない強い遠視の場合、視機能の発達が妨げられて起こる弱視です。乱視の場合も同様のことが言えます。近視の場合、視力が悪すぎて弱視になるイメージがありますが、近くにピントが合うために、病的な近視でない限り、弱視になることは稀です。

不同視弱視

眼の屈折度の左右の差がある程度大きくなると、見えやすい方の眼の視覚入力が優先されるため、屈折異常が大きく、ピントを合わせにくい方の目は弱視化してしまいます。遠視が両眼にあり、屈折度の左右の差が3D以上だと弱視になりやすく、また、片眼だけが強度の近視の場合でも、同じ理由から弱視になりやすくなります。

主な症状

弱視の症状は、ものがよく見えないということです。目をくっつけるようにして見たり、横目で見たりします。

検査と診断

メガネをかけても十分に視力が出ない場合、弱視を疑って検査を行います。角膜の濁りや先天性白内障の有無、眼底や視神経に異常が起きていないかなどを調べます。小学校入学前までに弱視を見つけ、治療することが重要です。

治療法

子供の場合、弱視の治療は早めに行うことが大事です。6~7歳以降では、治療を行っても効果はあまり期待できません。治療は6歳以前に行うことが重要です。

弱視の大きなポイントになるのは視機能の感受性です。出生後に感受性が上昇し、生後3ヶ月でピークになります。感受性が高いのは1歳半頃まで続きますが、それ以降は徐々に下降線を辿り、6~8歳で消滅します。このため、6歳以前に治療を行うことが大切なのです。

基本になる治療は、決められた時間、よく見えている方の目を遮閉して、完全に矯正をしているメガネを弱視の眼にかけます。こうして、弱視の眼を矯正的に使わせるようにします。両眼とも、同じくらいの視力低下のある屈折性弱視であれば、完全矯正をしたメガネをかけます。異常があると3歳児検診で疑われた場合は、早めに精密検査を受けるようにしなければいけません。


ページの先頭へ