待合室へ



飛蚊症

飛蚊症は眼の病気の1つですが、目にゴミが入っているとか、コンタクトレンズに汚れがついていると思い、自分が飛蚊症だと気づいていない人もいるかもしれません。目の前がチラチラするようであれば一度眼科の診察を受けましょう。

どんな病気?

硝子体に濁りが生じて、目の前に黒い点やチリが見えたりします。輪のようなものが動いて見えることもあり、目の前に蚊が飛んでいるように見えるため、飛蚊症と呼ばれています。

硝子体はゼリー状で、細かいいくつもの無色透明の繊維の集まりです。年齢を重ねると共に、透明な繊維の中には濁っているものも出てきます。これは老化現象で、頭髪が白髪になるのと同じ現象です。若い人でも白髪の人がいるように、飛蚊症も、若い人にも起こることなのです。これは生理的飛蚊症と言い、病的なものではありません。

後部硝子体剥離

若い頃の硝子体は、ゼリー状の透明な物質で、網膜との間に隙間がないものです。年齢を重ねると共に、徐々に硝子体が網膜面から離れ、水晶体の方に移動してしまいます。硝子体は、視神経が網膜面に出ているところで、他の部分よりも網膜面に強くついていますが、このくっつきが剥がれてしまうことが後部硝子体剥離です。これは硝子体の老化が原因となり、飛蚊症の症状が現れるものです。

主な症状

明るい場所や白っぽい壁をみたときに、黒い点や糸くずのようなものが目の前にふわふわと見える症状が出ます。
硝子体はゼリー状ですので、眼を動かすことによって硝子体の中も動くことになりますが、飛蚊症を発症していると、硝子体の中の濁りも一緒に動くことになるので、瞳孔から入る光によって陰ができ、その陰が揺れ動くことになります。
こうしたことから、眼を動かすたびに、目の前を糸くずのようなものが動いて見えるのです。

後部硝子体剥離

後部硝子体剥離の場合、視神経の周囲にある、水晶体の丸い輪の形をした濁りが網膜の近くに浮かび、これが影となって自覚されます。硝子体の引っ張りで網膜血管が傷つけられて出血が起こると、視界が霧のようになります。後部硝子体剥離が起こる際、硝子体と網膜のくっつきが強い部分の網膜が引っ張られ、このときの刺激が脳に光刺激として伝わると、チカチカと光っているものが見えたりする、光視症と呼ばれる症状が現れます。

検査と診断

硝子体や網膜の状態を詳しく調べる必要があります。瞳孔を開く点眼散瞳薬を使い、眼底検査を行います。生理的飛蚊症や、硝子体出血、硝子体混濁と言った、症状が似ている病気との区別を、この検査によってすることができます。合併症の、網膜裂孔や、網膜剥離、硝子体出血などが起こっているかどうかも調べることができます。

飛蚊症の注意

飛蚊症や光がチカチカと走る光視症、視界に霧がかかったようになる霧視などの場合、時に重い病気のサインであることがあります。危険があるかどうかの判断は自分では分かりませんので、必ず眼科の診察を受けるようにしなければいけません。

治療法

飛蚊症は一度なってしまうと、ほとんどの場合は一生治りません。病気という病気ではありませんので治療法がないのです。視力障害を伴わない飛蚊症は、そのまま放置しても問題ありませんし、気にしないようにすることが一番です。

理論上では硝子体を手術で切除することにより、飛蚊症の症状は消滅しますが、ほとんど手術されることはありません。網膜裂孔や硝子体出血などの病的なものの場合、原因疾患に応じた治療が必要になります。


ページの先頭へ