待合室へ



網膜剥離

網膜は眼球の後ろ側の壁を覆っている薄い膜状の組織です。神経細胞が規則的に並び、視覚的な映像を神経信号に変える働きを持っていて、視神経を通して脳中枢に信号を伝えます。この網膜に起こる病気の1つが網膜剥離です。

どんな病気?

網膜色素上皮から網膜が離れてしまい、網膜の下に水がたまってしまう病気です。大きく『裂孔原性網膜剥離』と『非裂孔原性網膜剥離』に分けられ、通常、網膜剥離といえば、裂孔原性網膜剥離のことを指します。ここでは、この裂孔原性網膜剥離について説明していきます。

網膜剥離は毎年1万人に1人の割合で起こるといわれている、網膜に孔があいて、そこから水が入ってしまって起こる病気です。網膜は剥離してしまうと、機能を徐々に失っていくので、そのままだと確実に失明してしまいます。以前は恐れられていた病気ですが、現在では手術でほとんど治る病気になっています。

網膜剥離の原因は?

網膜剥離の原因は、網膜に孔が開くことです。ではどうして孔が開いてしまうのでしょうか。ほとんどの場合、網膜に元々孔があきやすい場所を持っている人に網膜裂孔が起こり、網膜剥離になります。網膜剥離の前状態として多いのが、格子状変性と呼ばれるものになります。出来方としては、後部硝子体剥離に伴ってできる馬蹄形裂孔で、年齢で言うと、中年以降に多くみられます。若年層では格子状変性内にできる円孔が一番多くみられます。眼を打撲しての網膜剥離も珍しくありません。

主な症状

若年層に多く見られる、格子状変性内の円孔による網膜剥離は、ゆっくりと網膜剥離が進行します。周辺部に網膜剥離が留まっている間は症状がなく、剥離は中心の近くにきてはじめて視野欠損に気づいたり、視力の低下に気づくことがあります。
ほとんど前駆症状はありません。 中高年層に多い後部硝子体剥離では、急速に網膜剥離が進行することが多く、視野欠損や視力低下が短時間で現れます。
前駆症状として、飛蚊症や光がチカチカしているような光視症などの症状もあります。網膜には痛覚がないため、痛みはありません。

検査と診断

眼底検査を行うと、網膜剥離と簡単に診断することができます。原因となった網膜裂孔を探し出すことが、網膜剥離の検査では重要になります。眼底周辺部に網膜裂孔が起こりやすいので、身長に周辺部を検査する必要があります。

眼底が、白内障や硝子体出血で見えないこともありますが、この場合、エコー検査や眼底に光をあてて、電位変化として網膜の反応を記録する網膜電図検査で、網膜剥離の有無を判断します。

治療法

網膜裂孔だけの段階だと、レーザー治療で網膜剥離に進行することを抑えられる場合があります。

網膜剥離では、ほとんどが手術を必要とします。手術の方法は2通りあり、経強膜法と硝子体手術になります。若年層に多い格子状変性の円孔による網膜剥離には、経強膜法が雄行われ、中年層に多い網膜剥離では、位置や裂孔の大きさなどから、どちらの方法で手術を行うか決められます。

現在、徐々に硝子体手術の割合が増加していて、増殖硝子体網膜症などの網膜剥離をこじらせた状態や、黄斑円孔による網膜剥離、大きな裂孔による網膜剥離などの場合、主に硝子体手術が行われます。網膜剥離が軽い場合、網膜光凝固術が行われることもあります。手術によって、95%が元の位置に網膜を戻すことが出来ます。

硝子体手術の方法は、細い手術器具を眼の中に入れ、網膜剥離を眼の中から治療する方法です。剥がれた網膜を押さえるために、眼の中に空気や特殊ガスを注入します。


ページの先頭へ