待合室へ



白内障

白内障は、以前『白底翳(しろそこひ)』と呼ばれる病気でした。先天性のもの、糖尿病性のもの、外傷性のもの、後発性のもの、アトピー性皮膚炎によるものなど、様々な種類があります。

どんな病気?

白内障は、眼の水晶体が灰白色や茶褐色に濁り、ものがかすんだりぼやけたりして見にくくなる病気です。どうして水晶体が濁ってしまうのか、原因はハッキリしていません。

加齢性白内障

もっとも多く見られるのは加齢によって起こるもので、45歳以上の人に多く、年齢が上になるほど割合が増加する『加齢白内障(老人性白内障)』と呼ばれているもので、水晶体の細胞同士の接着力の弱まりや、水分の通りが悪くなって起こるのではないかと言われています。

80歳以上の高齢者では、そのほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしているとされていますが、進行の度合いには個人差があり、必ずしも目が見えづらくなると言った症状になるとは限りません。そのため、水晶体が濁ることは病気ではなく、加齢と共に皮膚にシワができたりするものと同じく、老化の一環なのではないかという考え方もあります。

糖尿病白内障

糖尿病の合併症の1つに、糖尿病白内障があります。原因は糖尿病にありますが、高血糖が原因で、年齢に関係なく、若年層から急激に症状が進行する『真性糖尿病白内障』と、通常に起きる加齢白内障を合併している『仮性糖尿病白内障』に分けられています。

糖尿病の場合、通常の白内障よりも進行が10年分早いと言われていますので、定期的に眼科の検査も受けるようにしましょう。糖尿病であっても、手術は安全に行うことができます。

主な症状

白内障の発生する原因によって、症状の現れ方や進行の早さに違いがあります。いずれにしても、最終的な症状として、視界が白く濁ります。


加齢によって水晶体が濁る場合、黄白色や茶褐色になりますが、年齢が若いと白く濁ります。

ある程度の濁りが進むと、水晶体の中で散乱する光で視界が白く染まってしまい、日中だと、ものを見ることができなくなってしまいます。

加齢に伴う症状

加齢に伴う白内障の場合、視野の周りから中心に向って白内障が進行していくのがほとんどです。初期の段階では気づきにくく、進行が遅い場合は一生白内障に気づかないまま表面化しないことも少なくありません。白内障が生じると光が散乱するようになるので、明るい場所でものが見えにくくなったり、光を直接見ているわけではないのに眩しく感じたりします。症状が進行すると、眩しさを強く感じるようになり、眼が疲れやすくなり、痛みも感じるようになります。更に進行すると、黒目が白っぽく濁ってきて、視界が白濁して見えなくなってしまいます。

アトピー性白内障

白内障は、アトピー性皮膚炎にも合併します。若年層に発生することも多く、視界の中央部分から白濁してくることが多く、早い時期から視界が白っぽくなり、視力障害が出ます。進行も早いという特徴があります。

治療法

白内障は症状が進んでしまうと、最終的には失明してしまいます。
ただし、症状の出方も個人差が大きいため、早い時期に手術が望ましいと考えられるケースについては、点眼薬などで進行を止められるものではないために、濁った水晶体を取り除き、眼内レンズをいれる手術療法を行います。以下が早期手術の望まれるケースです。


夜間に運転する頻度が多い場合

  • 日頃細かい作業を行うことが多い場合
  • 糖尿病患者で、網膜症を併発している場合やその心配がある場合
  • 中度異常の白内障があり、網膜に合併症を生じる可能性のある疾患がある場合
  • 強度近視・高度近視・高度遠視でメガネを避けたい場合
  • 角膜内細胞の数が少ない場合
  • うつむき検査で眼圧が上昇する場合
  • 水晶体中心部の混濁が強かったり後嚢下混濁型の場合で、明るさによって視力が大きく変化する場合

ページの先頭へ