待合室へ



眼科

眼科は眼の病気に関する科目です。眼は私たちが生活して行く上で、とても大切な役割を持っています。眼に映ったものを映像として脳に送り、そのものの色を判断する窓口にもなっています。その眼が病気になると、生活にも支障が出てきますし、視力が落ちるとものを見る能力が低下してしまいます。こうして感覚や光を感じる刺激は視覚と言われます。 眼の疾患は視覚にも大きく影響するものが多く、異常を感じたら早めに診察を受けるようにしなければいけません。

主な症状と病気

眼には様々な病気があります。中には治療が遅れると失明してしまうものもありますので、異常を感じたらすぐに眼科で診察を受けましょう。眼は異常が現れやすい場所でもありますので、子供の場合などは注意して、早めに気づいてあげるのが大切です。

  痛み 充血 目やに 複視 かすみ 視力低下 その他
ものもらい         まぶたの腫れ
さかさまつげ         異物感
眼瞼下垂             まぶたのたるみ
涙嚢炎          
結膜炎         異物感
ドライアイ           眼の乾き
白内障             まぶしい
飛蚊症             チカチカ
緑内障             眼圧上昇
網膜症              
網膜剥離           失明
屈折異常          
斜視              
弱視              
色覚異常               色の不判断

眼の機能

眼には様々な機能が備わっています。普段は何も気にせずにものを見たり色を感じたりしていますが、それを感じるためには眼の様々な機能が活躍しているのです。

各器官

働き

まぶた

眼球をまばたきで保護する。

結膜

まぶたと角膜を結ぶ、まぶたを裏返して見える部分と、眼球表面の白く見える部分。袋状になっているため、点眼薬はここにたまる。

角膜

光が眼に入ると最初に通過し、大きく屈折される黒めにあたる部分。実際は透明。

強膜

眼球の度と壁を角膜とともに作っている。

虹彩

中心に瞳孔がある茶目の部分。眼に入る光の量を自動調節する。

毛様小帯

毛様体と水晶体を結ぶ細い線維。

毛様体

毛様小帯と連動して、ピントを調節するために毛様体筋を緊張させたり弛緩させたり、水晶体の厚みを変える。房水を作っている。

水晶体

眼球に入った光を屈折させる透明な凸レンズ。毛様体や毛様小帯と連動して水晶体の厚みを変える。

前房・後房

房水で満たされていて、眼圧を維持する。

隅角

眼の外に房水が排出される部分。

脈絡膜

強膜と網膜の中間にある。豊富な血管があり、光を感じるために、網膜に栄養を送る。

網膜

カメラのフィルムにあたる働きをしていて、光を感じる細胞と、形や色を感じる細胞がある。

中心窩

黄斑という眼底の中心の中でも、もっともよく見える部分。

視神経

脳の中枢に、網膜に達した視覚情報の刺激を伝えている。

視神経乳頭

眼球からの視神経の出発点。

硝子体

ゼリー状のドロドロしたもので、眼球の内容のほとんどを占め、眼球の形を保つ。


ページの先頭へ