待合室へ



手足口病

手足口病も、ヘルパンギーナ同様、夏風邪の中のひとつです。風邪などの症状の他、手の平や足の裏、口腔内に水疱が発生することから手足口病と呼ばれています。子供に流行する、急性ウイルス性の感染症です。

どんな病気?

手足口病は夏風邪の一種で、手足に水疱が出たり、口内炎ができるのが特徴の病気です。毎年夏をピークに流行します。

原因ウイルスとなるのは、コクサッキーA16、エンテロウイルス71で、他にはコクサッキーA10やコクサッキーB、エコーウイルスでも手足口病を起こすことがあります。

基本的に手足口病は軽症で済む病気ですが、原因がエンテロウイルス71の場合、肺水腫や脳幹脳炎など、比較的思い合併症が起こることもあり、注意が必要です。

患者の半数が2歳以下と幼児が多いのですが、小学生でも発症することはあります。成人での発症は稀です。潜伏期間は3~6日で、飛沫感染や接触感染によってうつります。

主な症状

3~5日の潜伏期間を経て、小水疱が手の平や足の裏、口の中の粘膜に現れます。小さな子供の場合、口の中に症状が現れることで、飲食が困難になる場合があります。高熱を出すことは稀ですが、発熱する場合は38度くらいの発熱があります。2~3日で熱も下がり、3~4日で水疱も吸収されて快方に向います。

合併症

手足口病になると、下痢をすることがあります。整腸剤を投与する場合もありますが、食事療法で十分に回復できます。

原因がエンテロウイルス71の場合、中枢神経への合併症の発生率が高く、コクサッキーA16の場合は心筋炎に注意しなければいけません。合併症は、手足口病を発症してから2~3日は症状の変化を注意して観察する必要があり、高熱を伴ったり、頭痛や嘔吐がある場合は、合併症を疑わなければいけません。

検査と診断

特徴的な発疹から、見ただけで簡単に診断が出来ます。

胴体にも発疹が出ることがありますが、同じように水疱ができる水疱瘡とは違い、水疱ができるのは主に手足になります。水疱が化膿することもなく、かさぶたにもなりません。単純ヘルペスの場合は集中的に水疱が集まり、水疱の中央に小さなくぼみができますので見分けがつきます。

ウイルスを特定する場合には、水疱の中の液や喉のぬぐい液、便からウイルスを分離する方法か、RT-PCR法でウイルス遺伝子を検出します。急性期と回復期の血清から診断されることもありますが、ほとんど行われていません。

治療法

手足口病に対して、これと言った有効な薬がないために、対症療法を行います。夏の暑い時期にかかりやすいにもかかわらず、痛みで食事ができないのと水分も摂れないために脱水に注意しなければいけません。

発疹

手足口病の多くは発疹のみの軽い病気で、特別な治療は行いません。非常に稀ですが、発疹を痒がったり痛む場合には、抗ヒスタミン剤の湿布を行うことがあります。

口腔内

口の中にできる発信は、軽い疼痛と軽い食欲低下でおさまることが大半です。ただし、症状が強いと口から食事や水分を摂取することができなくなり、脱水症状を起こす場合がありますので、口腔内の刺激にならないような薄味の柔らかいものを食べるようにします。水分は、薄めたお茶やスポーツ飲料などが適切です。薬での治療よりも、水分を十分に摂取することが大切ですが、脱水症状を起こしたときには適切な処置を行います。

発熱

手足口病の発病初期に、1/2~1/3程度に38度前後の発熱があります。発熱が原因で全身が侵されることはないので、解熱剤なども使わずに、経過観察します。高熱の場合や、熱が下がらずにいつまでも継続している場合では、合併症を疑います。


ページの先頭へ