待合室へ



ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは毎年7月ごろにピークになる夏風邪の代表的な病気で、4歳以下の子供に多く、特に1歳代に多くみられる病気です。高熱が出ますが、自宅で安静にして、解熱剤などを使用するだけで、比較的心配なく治ってしまう病気です。

どんな病気?

夏風邪の一種で、特徴的なのが高熱と口腔内に発疹が出来ます。原因になるウイルスは数多くの種類がありますが、そのほとんどはコクサッキーAウイルスの4型、10型だと言われています。この他にヘルパンギーナを起こす可能性のあるウイルスとして、コクサッキーAウイルス2型、3型、5型、6型、8型、コサッキーBウイルス、エコーウイルスなどがあります。

飛沫感染

ヘルパンギーナは飛沫感染でうつるため、咳やくしゃみだけではなく、子供同士が遊んでいて、舐めたオモチャのやり取りだけでも移ります。ヘルパンギーナは回復した後でも十分にウイルスが残っていますので、治ったからと言って遊んでも大丈夫というわけにはいきません。

主な症状

2~4日の潜伏期間を経て、突然高熱を出して発症します。口蓋垂の上の部分に小水疱が数多く出現します。水疱が破れることによって潰瘍になり、子供の場合は痛みで水分の摂取量が不足してしまい、高熱が出ているにもかかわらず水分が摂れない状態になりますので、脱水症状を起こすこともあります。熱性痙攣を起こす場合もありますが、数分で治まり、繰り返し痙攣を起こさないようであれば心配いりません。稀に合併症として、無菌性髄膜炎や心筋炎を起こす場合があります。

発熱自体は2~3日でひき、喉の奥にできた潰瘍も、1週間ほどすると治ります。1度かかっても、原因になるウイルスが何種類もあるために、何度もかかってしまう可能性があります。

ヘルパンギーナになったら

高熱が出るため、十分な水分摂取が必要なのですが、口腔内に発疹が出るため、痛みから水分だけではなく、経口摂取が出来なくなります。脱水症状を起こす前に、早めに小児科を受診しなければいけません。ヘルパンギーナにかかると、1ヶ月近くは便の中にウイルスを排出していることも多く、排便やおむつ交換の後には、しっかりと手洗いする習慣をつけなければいけません。回復したあともしばらくウイルスを排出することから、急性期だけ保育園や幼稚園、学校を休んでも、ヘルパンギーナの流行を阻止できるものではありません。

検査と診断

高熱があることと、口腔内の特徴的な症状から、簡単に診断することができます。原因になっているウイルスを特定するためには、咽喉をぬぐった液や便から直接ウイルスを分離する方法が最も有効になります。RT-PCR法と言う方法で、ウイルス遺伝子を検出することもあります。抗体価を測定する場合もありますが、別なものに反応することも多いので、一般的に行われているわけではありません。

似ている症状の病気との区別も必要になります。ヘルパンギーナと似ている病気として、手足口病や単純ヘルペスウイルスが原因の口内炎、アフタ性口内炎などがあります。

治療法

一般的には対症療法だけで回復します。喉の痛みで食事が摂れなくなったり、水分が飲み込めないために脱水症状を起こしている場合は点滴をする必要があります。合併症で心筋炎が出た場合は入院することになりますが、この場合は小児科ではなく、循環器科が望ましいです。

予防するためのワクチンもなく、かからないように防ぐためには、流行時期にうがい、手洗いの徹底をし、感染者とできるだけ接触しないようにするしかありません。


ページの先頭へ