待合室へ



小児科

小児科は、新生児から15歳くらいまでを対象として診察をしています。新生児は生後28日未満、乳児は生後28日から1歳未満。幼児は満1歳から小学校就学前、学童は小学生というように区分されています。

主な症状と病気

小さい子供だと、病気になっても辛さが態度でしか表すことができません。大人が病気に気づいてあげなければいけないのです。ここでは、子供に比較的多くみられる病気をとりあげていますので、下の表の病名からそれぞれのページをご覧いただけます。

  発熱 咽頭痛 頭痛 関節痛 発疹 嘔吐 痙攣 その他
日本脳炎          
破傷風               筋肉の硬直
はしか・
風疹
          鼻水
突発性
発疹
        下痢
おたふく
風邪
            耳下腺の腫れ
水疱瘡             水疱
りんご病               頬の発赤
ヘルパンギーナ             水疱
手足口病               水疱
百日咳             チアノーゼ
ジフテリア              
川崎病             リンパ節腫脹
溶連菌
感染症
          リンパ節腫脹

成長と発達

どんな人でも、我が子が元気に健やかに育って欲しいと願うものです。子供の発達は、神経学的な反射と言った所見や、運動から評価されます。

新生児にあり、やがて消失する反射

下記に挙げる反射が成長と共になくなるのは、反射がなくなることで手足が器用になり、運動の発達が促されるのではないかと言われています。

手掌把握反射

新生児~4ヶ月

指が手掌を圧迫すると曲がる(物を握る頃消失)

吸啜反射

新生児~4ヶ月

指を口の中に入れると規則的に吸引運動をする。上唇から口角をなぞると口を尖らす。(離乳の頃消失)

モロー反射

新生児~4ヶ月

頭部を落下させると、両手をあげて大きく開く。(首がすわるころ消失)

足底把握反射

新生児~10ヶ月

足の裏を圧迫すると、指が曲がる(立つ頃消失)

バビンスキー反射

新生児~2歳

足底の外側をこすると、足の親指が上に上がり、他の指の幅が左右に広がる

新生児にはなく、発達とともに現れる反射

新生児の頃にはなくて、成長と共に以下の反射が出ることで、寝返りやハイハイができるようになると言われています。

緊張頸反射

1ヶ月~6ヶ月

首を横に向けると、同じ側の上下肢が進展して、反対側が曲がる(寝返りする頃消失)

ランドウ反射

6ヶ月~2歳

子供を水平に抱き、首をあげると体幹、下肢が進展、腹部を前屈させると体幹下肢が曲がる(ハイハイするための反射)

パラシュート反射

8ヶ月~永続

子供を抱き上げ、腕の中で落下させると、防御的に両上肢や指を伸ばす。

健康診断

子供の成長や発達が、問題ないかどうかは、定期的な健康診断で分かります。生後1ヶ月検診から始まり、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月、3歳児検診が行われています。きちんと健康診断を受けることで、異常を早く見つけられ、治療も早く始められます。


ページの先頭へ